自転車文化センター

トークショーイベント決定!!2022ハンドメイドバイシクル展

2022ハンドメイドバイシクル展で行うトークショーの詳細が決定いたしました。

皆様、大変お待たせいたしました!
今回のハンドメイドバイシクル展のトークショーの詳細が決定いたしました!
22日のトークショーには進行役にTOJ大会ディレクター栗村修氏をお迎えいたします。
直接会場に来られない方にも楽しんでいただけるよう、YouTubeでのライブ配信も予定しております。
各ビルダーさんへの質問事項などはチャット欄にコメントいただければと思います。

2022年1月22日(土)

 魅力的な自転車を作るハンドメイドビルダーによる各社の魅力、こだわりを存分に語っていただきます。進行役は日本自転車普及協会主幹調査役/TOJ大会ディレクターの栗村修氏が務めます。

 ■13:30~14:30

   「ランドナーの魅力とは」
    サイクルグランボア親方 土屋郁夫氏 ×栗村 修
    ライブ配信:https://youtu.be/FCI0161939w
    【土屋郁夫氏プロフィール】
    土屋郁夫(つちやいくお)1988年3月3日 京都市内で創業。ランドナーを日本の大切な
    自転車文化と考え、かつては消滅の危機にあった650Bサイズのタイヤを復活させ現代の
    ツーリング車に最適なタイヤを製作、その性能を飛躍的に向上させた。他にもハンドルや
    泥除け、ブレーキなど、美しく機能的な現代のランドナーに最適なパーツを地道に開発し、
    現在は南丹市美山町にフレーム工房を持ちフレームを含めた完成車としてのランドナーを
    製作している。
100532_01.png

 ■15:30~16:30

  「異彩のビルダー~日本での自転車創り~」
   エクイリブリウムサイクルワークス代表 ウラジミール バラホブスキー氏×栗村 修
   ライブ配信:https://youtu.be/dKhSmSxrvuo
   【ウラジミール バラホブスキー氏プロフィール】
   北欧ラトビア出身 1978年生まれ 
   英国ロンドンでピストバイクに出会い、NJSフレームに興味を持ったことが自転車作りのきっかけ。
   来日後、近隣にあった大瀧製作所の大瀧氏にフレーム制作を教えてもらい、アドバイスを受け
   ながら自宅のガレージで工房を開いた。現在は大田区矢口に工房を移転し、チタンバイクを中心
   に製作を行っている。日本だけでなく、海外からのオーダーも多く受けている。美しさと機能性を
   追求し、進化し続けられる工房であることをモットーにしている。
100532_02.png

2022年1月23日(日)

 2022ハンドメイドバイシクル展特別企画
 「東京自転車歴史研究フォーラム in HMB」
 日本の草分け的ビルダーである、梶原利夫氏(産業遺産学会評議員)と松本敦氏(Eroica Japan技術委員長)による”自転車の歴史を残す”活動が始動いたしました。
 今回はその第1回目をHMBの会場で開催頂ける運びとなりました。

 ■第一部 11:00~12:00

  ライブ配信:https://youtu.be/vznKkhitEY4

 ■第二部 14:00~15:00

  ライブ配信:https://youtu.be/6g__NW6R9KA
 自転車の歴史について新たな一面、新たな真実が語れるかもしれません。
100532_03.png

※※注意事項※※
〇トークショー会場内は入場制限を設けております。
〇各トークショーは整理券を事前配布致します。整理券については各トークショー開催1時間前にトークショー会場前にて配布予定
〇変更があった場合は随時HPを更新致します。