自転車文化センター

令和2年度第1回テーマ展示「自転車月間展」開催いたします

内容    

自転車文化センターでは、第1回テーマ展示「自転車月間展」を

5月から開催を予定しています。


新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、開始日、開館時間が一部変更になる場合があります。予めご了承ください。


100457_03.png


昭和565月に『自転車基本法』制定を記念して、毎年5月を『自転車月間』とし、

平成10年からは55日を『自転車の日』として、広く一般の方へ自転車月間の趣旨を

周知すべく、国際自転車ロードレースなど自転車に関わる様々なイベントを

実施しています。平成2951日付で『自転車活用推進法』が施行され、

5月は『自転車月間』、55日は『自転車の日』と改めて法律で定められ、

全国において様々な自転車を活用した施策の推進が行われています。

本展示では、自転車月間にまつわる様々な展示や、国際自転車ロードレース

「ツアー・オブ・ジャパン」にちなんだ最新のチームバイク〜ジャージの展示を予定しています。

加えて、自転車好きの方が楽しめる「ナショナルサイクルルート」など、

『自転車活用推進計画』について一部ご紹介いたします。


※当協議会では、今年度も国際自転車ロードレース「2020ツアー・オブ・ジャパン」、「サイクルドリームフェスタ2020」を企画しておりましたが、中止となりました。来年度以降も、継続して自転車月間の意義を伝えていきたいと考えておりますので、開催の際は、是非両会場へお越しください。



○ツアー・オブ・ジャパン

100457_01.png

1982年から1995年まで14回に渡り開催されていた「国際サイクルロードレース」を継承する日本最大規模の自転車ロードレースです。UCI(国際自転車競技連合)にステージレースとして公認を得て、名称をツアー・オブ・ジャパンに変更し、1996年第1回大会が開催されました。

日本国内で行われる自転車ロードレースとしては、都府県をまたぐ唯一のステージレースであり、その規模は一般公道を使用する全てのスポーツイベントの中でも最大クラスといえます。全ステージを通じて約36万人の観客が会場や沿道に集まり、日本国内では貴重な存在といえる公道開催型の自転車ロードレースとしてたくさんの声援を受けています。更に、レースだけでなく各開催地では出場選手や関係者などが講師として参加するウィーラースクール(子供向け自転車教室)や各種イベントなどを開き、ロードレース・自転車を通じて各開催地域との交流も積極的に進めています。

 

※ 次年度予定 2021 ツアー・オブ・ジャパン』

期間:2021523日(日)〜530日(日)

会場:堺、京都、いなべ、美濃、南信州、富士山、相模原、東京

TOJ H P:(http://www.toj.co.jp/

 

 

○サイクルドリームフェスタ

100457_02.png

自転車活用推進法で定められた「自転車月間」の趣旨の浸透を図ることができ、毎年55日を『自転車の日』とした記念自転車イベントを開催しています。自転車交通安全教室、講習、おもしろ自転車やスポーツバイクの試乗会など、自転車について1日学んで楽しめるイベントです。

 

※ 次年度予定 『サイクルドリームフェスタ 2021

開催:202155

場所:都内で開催予定



展示期間: 2020年5月から7月上旬 (予定)

                9時30分~17時(最終入館16時45分)

休 館 日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合、翌平日)  

※感染症拡大の影響により、開始日、開館時間が一部変更になる場合があります。予めご了承ください。

 展示協力


国土交通省 自転車活用推進本部



展示協力社HPへリンクしています。 ※順不同

BMCLOOKGustoMERIDAGOKISOLe Coq Sportif

日本自転車競技連盟

チーム・選手から展示協力いただいております。

NIPPO DELKO One Provence

新城幸也 選手(Team Bahrain McLaren

入部正太郎 選手(NTT Pro Cycling